Last Up Date
2017.10.14



取扱い商品

お役に立てます
管理者体験談
味覚障害
お客様のご報告
肝硬変

訪中レポート

お店紹介・相談・注文
埼玉県
草加市旭町5-3-1-1
TEL:048-942-5776



通信販売

SSL グローバルサインのサイトシール

当店の主なプロセス
私の時間に
お気軽エステ

コラーゲンに着目した化粧品
リサージ

生体リズムを考えた化粧品
トワニー

敏感肌にフランスの温泉水化粧品
ユリアージ

脾気虚とは
味覚障害は4000年前から治療されているのです


脾気虚なんて耳にしたこともないですよね
“何言ってるの?”って感じですよね
そう言われます(^^ゞ
しかし…

黄帝の著作とされる中国最古の医学書『黄帝内経霊枢』には
下記の通り味覚障害の診断と治療が書かれているのです。

*黄帝=中国を統治した五帝の最初の帝(紀元前2510年〜紀元前2448年)

脾開竅於口・其華在唇

(‥)_フムフム
 消化器系(脾)は口腔から始まり,舌の味蕾などにより飲食物の味が判別される。

何を言っているのかわかりませんね(^^ゞ
霊枢とは中国最古の医学書(黄帝内経)の一部です
 このことを《霊枢・脈度論》は“脾気通於口,脾和則口能知五穀牟”でいい表している。

おいしいことはホント幸せなんです(o^^o)
 いわゆる“脾和”とは消化吸収の機能が正常に機能していることを意味し,正常に機能していれば口腔とくに舌の機能も正常に働き,口腔内の唾液腺の分泌も正常に機能し,食物が美味しいと満足感が得られる。

私もこれでしたね
 消化吸収が衰退し食欲がなくなると,いわゆる“脾不和”を呈し食事がまずくなり,いろいろの消化器系疾患を呈する。

漢方の診断方法です
 このように口腔の食物に対する感覚から消化器系(脾)の内景を推測し診断する。

ほとんどの方がこう訴えますね *口膩(こうじ)=口の中が粘っこい
 たとえば脾の消化吸収機能に異常をきたすと口が淡く,味がなく,口が甘く,口膩,口苦,口酸,口臭などの異常感覚が生じる。

胃や腸の状態は口に現れるという意味です
 このような現象を漢方医学では“口は脾の官也”または“脾は口に開竅する”といい現している.

東西医学 基礎と臨床応用
南山堂より

4000年前から味覚障害に苦悩する方々はいたのです(-_-;)
現代病では無いと言うことですね。