Last Up Date
2017.10.14



取扱い商品

お役に立てます
管理者体験談
味覚障害
お客様のご報告
肝硬変

訪中レポート

お店紹介・相談・注文
埼玉県
草加市旭町5-3-1-1
TEL:048-942-5776



通信販売

SSL グローバルサインのサイトシール

当店の主なプロセス
私の時間に
お気軽エステ

コラーゲンに着目した化粧品
リサージ

生体リズムを考えた化粧品
トワニー

敏感肌にフランスの温泉水化粧品
ユリアージ

免疫バランス
花粉症



花粉症は、免疫反応の司令官である
Th(ヘルパーT細胞)のバランスの乱れで始まります。


 私たちの体内では、免疫という外から入ってきた異物(バイ菌・ウイルス)を退治するシステムがあります。
 ヘルパーT細胞は免疫の司令官で、体内では必ずTh1(1型)かTh2(2型)のどちらかに変化して、病原菌を退治するためのメカニズムをもっています。
 花粉症は、アレルギーの内、I 型アレルギーに属し、ヘルパーT細胞がTh2に傾きすぎている方が発症する症状です。

 Th2に傾いた免疫は、B細胞にigEという抗体を出させ、花粉が付いた粘膜を無差別に攻撃します。

 本来、Th1とTh2のバランスは、釣り合っていれば免疫システムが非常によい状態ですが、近年、大気汚染や食品添加物のせいで、Th2に傾いている方が増えているのが現状です。
 この免疫バランスが正常にならないと花粉症は治まりません。
画像:好きになる免疫学(萩原清文著)より