Last Up Date
2016.11.22



取扱い商品

お役に立てます
管理者体験談
味覚障害
お客様のご報告
肝硬変

訪中レポート

お店紹介・相談・注文
埼玉県
草加市旭町5-3-1-1
TEL:048-942-5776



通信販売

SSL グローバルサインのサイトシール

当店の主なプロセス
私の時間に
お気軽エステ

コラーゲンに着目した化粧品
リサージ

生体リズムを考えた化粧品
トワニー

敏感肌にフランスの温泉水化粧品
ユリアージ

訪中、田三七人参畑
視察レポート 壱頁

治療研究会代表 タイセー漢方 長谷川英樹

 平成12年10月18日〜22日、東洋医学成人予防協会主催の田三七畑栽培現場を視察してきました。その報告をレポートします。
 ここで紹介する内容は、個人的な見解も多く含まれますので、ご了承下さい。

18日

 羽田(7:30発)→関空(8:45着)。
 関空(10:05発)→昆明(2:40着・この時間は中国時間で日本よりプラス1時間となります)
 訪中のメンバーは、治療研究会1名(私)、ウチダ和漢薬約20名、あるグループ3名の薬屋と、美容グループ(卸屋・個人代理店・顧客)約20名、東洋医学約10名ぐらいの構成でした。
 関空で篠尾会長と話をしました。
◇昔、田三七の苗を日本に持ち帰ったが、検疫にすべて没収されてしまった。成功していれば、日本での栽培が可能だったかもしれない。
◇昔、富士山の麓に自然の田三七が生息していたが、すべて死んでしまった。
◇昔は、文山までは車を乗り継ぎ、とてつもない時間を費やさないとたどり着けなかった。
◇田三七栽培には、適度な日光と適度な水が毎日必要なので、栽培管理が非常に難しい。
◇3ヶ月前、文山から奥に3時間ほど入ったところで、有機栽培を行ったが失敗に終わった。
◇SPはまだ解明されていなく、いろんな研究機関から見てもこれからの物質である。
 篠尾会長自身、30歳代からの糖尿が悪化し、多臓器不全の状態になっており、目もほとんど見えないようです。訪中のため、入院先の昭和医大から無理矢理許可をもらい、ポータブル腹膜透析の機械を4台持ち運び、4時間/日かけて透析を行うようです。ただ状態が悪いにも関わらず、SPを大量に服用しているおかげで、クレアチニンが上がらず、昭和医大の医師も首を傾げているようです。雲南白葯との今後のパイプのためにも今回が最後の訪中と覚悟している様子でした。
 昆明飯店−ホテル(3:45着)。




昆明の町は結構都会です。


 ただ、自転車に混ざって馬車が走っていたり、7階建てのアパートの上の階までが、空き巣よけの鉄格子が窓に組み込まれていました。


交差点で赤い旗を持って交通整理をしている人は、道路交通違反をした人です。日本のように罰金だけでは済まされないようです。
 夕食は、雲南の省が主催の歓迎パーティーでした。形式は日本の結婚式みたいで、通訳が入るので長いんです。青島麦酒は温いし(中国人は冷えたものを飲まない)、雲南の赤ワインも日本の安ワインクラスです。食事も北京・上海・四川料理とはいかないです。
 昆明自体、去年行われた世界花博覧会で初めて日本から直行便が飛んだので、まだ日本人も珍しいと思います。夜一人で散歩してみましたが、しゃべれないし怖くなりました。(訪中グループの中には中国語がしゃべれる・読める方々が結構いました。私は麻雀用語しか知りません)
 帰り道ウチダの散歩グループに合流。おばちゃんと娘でやっている小さな小料理屋で、そばや麦酒、白酒などを頼んで、10人で100元。1元=約15円ですから、1500円です。これを語るとこれからの話、日本での田三七の値段、もっと安くならないの?ということになってきます。