人工透析阻止

4月17日(水)にご来店された男性のお客様。

毎月クレアチニン値が上がっており、次回の検査で人工透析の準備のシャント(バスキュラーアクセス)の手術を行うとのことでした。

“何とか透析を免れる治療をできませんか?”

毎月のように数値が上がってきており、6.26まで悪化している検査結果を見せていただきました。

“では、次回の検査で数値が下がっていれば、お話しして透析の準備をのばしてもらいましょう!

過去にご依頼を受けた方の数値は全て成功しているので、自信があるんです。”とお話しさせていただきました。

治療として服用していただいたのは、スーパーパナックスだけです。緊急を要しているので、朝2錠・夜2錠服用していただくことにしました。


昨日ご来店され、お店に入ってきたとたん “数値が下がりました、透析の準備を免れました、助かりました。” と…

約20日で、6.26→5.11 に落とすことができました。私自身も深く感銘した次第です。今後、どこまで正常値に近づけられるか、毎月の結果を見ていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です