店内での新型コロナウイルス対策

最近はどこに行っても、アルコール消毒剤が置かれています。
先日はあるレストランのテラス席でランチをしたのですが、店内に入らなくてもお店の方がアルコールを持ってきて手に吹きかけました。
昨今の首都圏では、こんな風景が当たり前になってきました。

もちろん当店でも設備は備えてあります。

消毒液スタンド
消毒ディスペンサー

消毒液スタンドは、真っ白なアクリル製です。
ディスペンサーは手をかざすと “シュッ” ちょっと出過ぎる感じですが…
でも、ちょっとおしゃれ。

店内では全ての商品や、棚、テーブル、イス、ベッドまでアルコールで拭くのは困難です。(アルコールなんて注文しても入荷しません)
なのでオゾン発生器を閉店後に作動させています。

このオゾン発生器は、業務用オゾン脱臭器(オゾン発生量5000mg)という商品です。
元々は、車内や部屋の脱臭のために用意した物です。(パンデミックなんか予想もしていなかった頃)

最近の記事では 「(世界初)オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認」というものもあり、消臭だけでなく新型コロナウイルスにも効果があると出ています。

オゾン発生中(紫に発光)

予備の交換用プレート

喫煙可のホテルで予約時に「消臭しておきます」とコメントされ、なぜ喫煙可の部屋でたばこのにおいが全くしないのが不思議に思っていました。
おそらくこのオゾン発生器を使用しているんだと思います。

たしかに、見事ににおいが消えます、ただ換気するまでは独特のオゾン臭が立ち込みます。
あまり時間を長く動かしていると、店舗だけでなく家中にオゾン臭が回ってきます。

しかし、これでウイルスまで不活性化してくれるなら、こんな楽な予防法はありません。

一見さんは来ない、さらに暇な店なので、神経質にはなっていないのですが、世間並みにはコロナ対策はしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。