TVホスピタル(環状重合乳酸)

TVホスピタル 4月号に CPL(環状重合乳酸)の記事が掲載されました。

【見出し】
がん患者は年間100万人の単位で増え続け、医療先進国であるはずの我が国においてがんによる死亡者は一向に減る気配はありません。この背景にあるのは、がんの発症や進行を抑制する免疫や、再発や転移に大きく関わっているがん
幹細胞の存在を軽視した標準治療のみが行われていることにあるといえるでしょう。標準治療の柱となる手術・放射線・抗がん剤の三大療法は、がん細胞を直接叩くことで、その数を減らすことは出来ても、血液やリンパによって
全身に散らばったがん細胞には無力であり、それがやがて再発や転移を招きます。がんにならない身体作りを日常生活の中で行っていくことも、がんの治療にとって重要なことです。

医療雑誌だからなのか、効能効果もしっかり書かれてますね。

当店でも長く扱っている商品で、お客様に喜ばれたいるのは事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。