老眼と難聴の違い

目も耳も加齢によって能力が落ちてくるのは誰しもが起こることです。

そこで、目と耳の感覚の違いを文字に例えると、とてもわかりやすくなります。

【正常な視力・正常な聴力】

正常な視力は全て見え、正常な聴力は全ての音が聞こえます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 02-1.gif です
【老眼】

老眼は、文字が小さくなると見えにくくなります。

【 難聴 】

難聴は、音が小さくなると聞こえなくなるわけではなく、聞こえない音が出てきます。

なので、難聴は音が聞こえないのではなく、会話中の文の意味が伝わらなくなるのです。

それを認知症と疑う方が多いのですが、決してそうではない事がわかると思います。


声はするけど、はっきり聞こえない

聞き間違いやすい言葉 聞き取りにくい言葉
  
箸↔足 星・箸・菓子
寿司↔牛 父・西・寿司
挟み↔畳
佐藤↔加藤
ポスト↔ポット
補聴器が助けてくれます 補聴器が助けてくれます

ことばの聞き分け能力の測定

難聴かなと思われる方の真後ろで、下記の文字を一つずつ言葉にして声をかけ、聞こえた言葉をオウム返しで答えてもらってください。

ア キ シ タ ニ ヨ ジ ウ ク ス ネ ハ リ バ オ テ モ ワ ト ガ
正解数:  /20  正解率:  %
キ タ ヨ ウ ス ハ バ テ ワ ガ ア シ ニ ジ ク ネ リ オ モ テ
正解数:  /20  正解率:  %
【ことばの聞き分け能力 】 【 補聴器使用時に推測される対話力 】
100%~80%聴覚のみで会話を理解できる。
80%未満~60%
日常会話は理解できるが、不慣れな話題は集中が必要。
60%未満~40%日常会話で内容を理解できないことが度々ある。
40%未満~20%日常会話においても読話や筆談の併用が必要。
20%未満聴覚のみで会話は不可能。

いかがでしたか?

難聴は本人は困っていなくても、周りの方が困っている場合がほとんどです。

もし、身内の方が難聴と思われる場合は、聴力測定(無料)を行ってみると良いです。

これは私の母の例です。

日本全国どこでも、当店から専門スタッフがお伺いします。
専門スタッフによる販売はありませんので、お気軽にご相談下さい。

Windows10 DVDドライブが認識しない

5台あるパソコンを、Windows7 から Windows10にアップグレードしました。

その内の1台に、DVDドライブを認識しないトラブルに見舞われました。

PIONEER BD-RW BDR-209M がデバイスでエラーになっているのです。

・ドライバーの削除を行ってもダメ。
・マザーボードのチップセットをインストールしてもダメ。
・仮想ドライブの削除を行ってもダメ。
・SATAポートの差し替えをしてもダメ。
・Win10の再インストールをしてもダメ。

PIONEER のサポートセンターに電話して、アドバイスを受けたことは全部試したのに…

完全にお手上げです。

バンザーイ!…という心境ではありません。

でも、一つ思い出したことがありました。

Win10 なので、BIOSの設定を「非UEFI モード」を「UEFI モード」に変更したことでした。

そこで試しに、Win7の時の「非UEFI モード」に戻してみたら

認識したのです。助かった~(;´д`)

こんなの自作パソコンで無ければ関係ない話しで、OSのインストールだけのセキュアブートだと思ってましたが、光学ドライブにまで影響するとは…

悩みが解決してから検索でヒットしたページ「PCトラブル大図鑑

先に見つけてれば苦労しなかったな~

コレステロールの働き

コレステロール

コレステロールは、細胞膜や身体の働きを微調整するホルモンや胆汁酸(脂肪を消化・吸収するもの)を形成するための物質で、体に必要な大切な物です。

血液中に含まれるコレステロールの約2割は食事から摂取され、残りの8割はおもに肝臓で合成されます。

食べ物だけでコレステロール値が改善できないのはこのためです。

LDLは肝臓で作ったコレステロールを抹消細胞を運搬し、HDLは余分なコレステロールを末梢細胞から回収する働きがあります。

LDLコレステロールが増えすぎると、血液をドロドロにしたり、血管をつまりやすくするなど悪い影響を及ぼします。

しかし、それを防ぐHDLコレステロールは、加齢の変化により減ってしまいます。

若い頃より脂質の少ない食事をしていてもLDLコレステロール値が上がってしまうのはこのためです。

また、コレステロールは女性ホルモンでもコントロールされています。

しかし、更年期を迎え女性ホルモンが減少すると、肝臓ではLDLコレステロールの合成が促進されるとともに、余分なLDLコレステロールを血中から回復する力が弱くなります。

その結果、女性のLDLコレステロール値は更年期を過ぎると、男性を超えるほど高くなってしまいます。

コレステロール値を改善するには

高脂血症薬、スタチン系製剤(肝臓でのコレステロール合成を抑える薬剤)を服用されている方が多いですが、副作用として筋肉症状(四肢の脱力、腫脹、しびれ、痛み)を訴える方が多いです。

当店では、コレステロールを作らせないことより、分解する能力を維持すること。

・肝臓でのコレステロールの分解を促進する。(スーパーパナックス
・女性ホルモンの減少を抑える。(ファイトロゲンEX

こんな治療をアドバイスしております。

ダメ。ゼッタイ。in 松原小学校

薬物乱用防止教室を松原小学校で行ってきました。

松原小学校(旧 北谷小学校)は、私も2年生まで学んだ??学校です。

毎年依頼があり、6年生を対象に「NO TO DRUGS!」と共に、ゲートウェイドラッグの「たばこの影響」を講演させていただいてます。

生徒:70名 教職員:5名 保護者:約30名

主流煙と副流煙の影響の話しの中で、「お父さんやお母さんは喫煙していますか?」と生徒に訪ねてみると、約半数の生徒が手を上げていました。

その内、数名のご家庭では食卓や家の中で喫煙していました。

「帰ったら今日の授業の内容を話をして、喫煙はベランダか外でしてもらおうね」とアドバイスさせていただきました。

今回は保護者の方のご参加も多く、ご静聴いただけ、やりがいがありましたね。

「薬物乱用はダメ。ゼッタイ。」のパンフレットとコバトンの消しゴムも配られていました。

“へ~、こんなフィギュアがあったんだ。” 一ついただいてきました。

実は薬物乱用防止教室って、小学校で行うより、中学校で行うより、高校で行う方がもっとおもしろいんです。

ドキッ! としている生徒の顔が見られるので…(゜_゜;)