尿道結石が2日で排出されたご報告

8月24日(火)に、お兄さんの尿道結石について、さいたま市在住のK様がご来店されました。

治癒までの詳細なご報告が届きましたのでご案内いたします。


長谷川 英樹 先生

 先日はお世話になりました。あれ程痛みで苦しんでいた兄も痛みが治まり8/28より職場に復帰することができました。ありがとうございました。その際の詳細をご報告致します。

病名:腎臓・尿道結石 

症状:鎮痛薬もあまり効かず、鎮痛薬の効果が切れた時は悶絶するくらい痛い、石を落とそうとして散歩に行くと出血して血尿が止まらない、痛くて眠れず。

クリニックからの処方箋:ウロカルン(結石を溶かす) ボルタレン カロナール

腎臓・尿道結石の経過

8/19  夜より痛みが発生 痛くて眠れず 翌日から会社を休む

8/20  朝、掛かりつけのクリニックに行き、上記のくすりを処方される。(痛みが治まらず、動くと血尿がでるため散歩にも行けず)

8/23  痛みがおさまらないので総合病院(協同病院・川口市)を受診

    入院して石を砕いてもらうつもりでしたが、コロナ禍のこのご時世のため受診のみで入院させてもらえず、掛かりつけのクリニックの受診で経過観察することを勧められる。

8/24  くすりのタイセーに相談(弟が訪店した)

     猪苓湯・竜胆瀉肝湯を処方される(1日/各1包×3回 朝・昼・夕)

     8/24の晩より濃いお茶と一緒に服用開始

8/25  猪苓湯・竜胆瀉肝湯を(1日/1包×3回)を濃いお茶で服用

8/26  昼前に尿をした時に尿道がムズムズして痛みを感じ始めた。その後も尿をするたびに感じた。夕方からクリニックの処方の鎮痛剤の服用をやめても痛みが治まった。どうやら引っ掛かっていた石が出た模様

8/28  職場に復帰


K様のご承諾をいただき、掲載させていただきました。

店頭でもお話しさせていただいたのですが、結石は簡単に溶ける物でもなく、数日で流れることはないと思っていました。

ただ、痛みが緩和すればそれで日常生活が楽になると思い、竜胆瀉肝湯+猪苓湯を処方させて頂きました。

二日で改善できたとは私も驚きました。

詳細なご報告をいただくまでは発症からの痛みと、通院による治療を知りませんでしたが、とても良い勉強をさせて頂いたと思います。

ご報告に感謝いたします。

黒プラチナ(純パプラール水)で血圧が下がった事例

純パプラール水】好評発売中!

7月に福岡県在住のT様(83才の男性)からお電話をいただきました。

23年前(60歳)の時、東京に出張された際、地下鉄の階段で息切れを感じ、地元で診察を受けたところ肺気腫と診断されました。

今年になり症状が悪化、救急車で搬送され、在宅酸素が始まりました。

まだお仕事も現役で、可能なら肺気腫を改善されたいとのご相談でした。

なるべく早く効果を出すために、初期10日間を3本/1日で服用していただくことにしました。

8月5日にお電話をいただいたところ、服用5日目でめまいを感じ、体調が悪くなったとこのとでした。

ちょうど診察日だったので、病院で検査したところ、低血圧を起こしていました。

長年、血圧降下剤を服用されていたとのことでしたが、黒プラチナで血圧が正常になったところに、血圧降下剤の作用で低血圧を起こしてしまったのでした。

それからは血圧降下剤を服用しなくなり、1本/日でも呼吸は楽になっているとのことです。

血圧降下剤との服用で、副作用が起こることはありませんが、黒プラチナで血圧が正常になることもあるのだと改めて認識しました。

T様には驚かせてしまい申し訳ありませんでしたが、血圧降下剤を服用されている方は、血圧が正常になることもあるので、日々の血圧測定で確認していただくことが大切だと実感した次第です。

漢方では瘀血(血液の汚れ)になるとよる高血圧を発症するという考え方があります。

やはり黒プラチナの抗酸化作用(活性酸素除去)は無類な証拠だと思いました。