脾気虚とは

味覚障害は4000年前から治療されているのです


脾気虚なんて耳にしたこともないですよね
“何言ってるの?”って感じですよね
そう言われます(^^ゞ

しかし…

黄帝の著作とされる中国最古の医学書『黄帝内経霊枢』には,下記の通り味覚障害の診断と治療が書かれているのです。

 

*黄帝=中国を統治した五帝の最初の帝(紀元前2510年~紀元前2448年)

脾開竅於口・其華在唇

消化器系(脾)は口腔から始まり,舌の味蕾などにより飲食物の味が判別される。

(‥)_フムフム

このことを《霊枢・脈度論》は“脾気通於口,脾和則口能知五穀牟”でいい表している。

何を言っているのかわかりませんね(^^ゞ
霊枢とは中国最古の医学書(黄帝内経)の一部です

いわゆる“脾和”とは消化吸収の機能が正常に機能していることを意味し,正常に機能していれば口腔とくに舌の機能も正常に働き,口腔内の唾液腺の分泌も正常に機能し,食物が美味しいと満足感が得られる。

おいしいことはホント幸せなんです(o^^o)

消化吸収が衰退し食欲がなくなると,いわゆる“脾不和”を呈し食事がまずくなり,いろいろの消化器系疾患を呈する。

私もこれでしたね

このように口腔の食物に対する感覚から消化器系(脾)の内景を推測し診断する。

漢方の診断方法です

たとえば脾の消化吸収機能に異常をきたすと口が淡く味がなく口が甘く口膩口苦口酸口臭などの異常感覚が生じる。

ほとんどの方がこう訴えますね
*口膩(こうじ)=口の中が粘っこい

このような現象を漢方医学では“口は脾の官也”または“脾は口に開竅する”といい現している。

胃や腸の状態は口に現れるという意味です

東西医学 基礎と臨床応用
南山堂より

4000年前から味覚障害に苦悩する方々はいたのです(-_-;)
現代病では無いと言うことですね。