岩手県在住のT様からの味覚障害体験のご報告

2017.10.14 記

 6月にご相談をいただいたT様から、治癒のご報告が届きました。

 2年前からの味覚障害で、私も通った経験のある、板橋のN病院に行かれていたそうです。

「何ともないと言われても、何ともないのに通っているわけではないのに…」

 そりゃそうですよね、わざわざ岩手から、時間とお金をかけて…(-_-;)

 口中が苦いことを一番苦にされておりました。アイスクリームも苦くなると…

 そうなんです、私もソフトクリームが蝋のような食感になり、甘みを感じないとハンドクリームを食べているような感覚になったことを思い出しました。

苦みが苦で苦しむ…あれっ漢字って難しいですね(余談)

 お手紙の内容にもあるように、味覚障害が治ると、以前より味が敏感にわかるようになるのです。

 まずい味を経験すると、“舌”ではなく“脳”が鍛えられるのかもしれませんね。

 2年間、さぞ辛かったことと思いますが、これからはおいしさの幸せも加わって、お食事が楽しめますね。

 ご報告に感謝しております。

管理者より