サポニンとは

1.サポニン Saponin とは

サポニン:天然の洗剤(界面活性剤)
 サポ sapo:石鹸(シャボン)-持続性の泡立ち
  例:サイカチの果実、ムクロジの果皮(延命皮)、キラヤ(南米)の樹皮、椿の種、(フィルム材料)など
薬用植物の有効成分

2.サポニンのサポゲニンによる分類

サポニン=サポゲニン+糖類

◆トリペルテンサポニン
 ◎オレアナン型サポニン:最もポピュラー
   桔梗、マロニエ、シクラメンなど-鎮咳、去痰、抗炎症
   甘草-甘味剤、肝臓病治療、抗アレルギー、抗炎症
   大豆-抗酸化、タラ-糖尿病治療、柴胡-漢方
   サイカチ、キラヤ、ムクロジ、椿など-洗剤、界面活性剤
 ◎ダマラン型サポニン:(薬用)人参属に特徴的、抗溶血、 特殊な薬理作用
   薬用人参、田七人参、アメリカニンジンなど
   プロトパキサジオール系、プロトパナキサトリオール系
 ◎その他
◆ステロイドサポニン

3.田七人参のサポニン32種類

田七人参のプロトパキサジオール系のダマラン型サポニン
  主サポニン
    1.ジンセノシド-Rb1、    2.ジンセノシド-Rd、
  微量サポニン
    3.ジンセノシド-Ra3、    4.ジンセノシド-Rb2、
    5.ノトジンセノシド-Rb3、  6.ノトジンセノシド-Fa、
    7.ノトジンセノシド-A、   8.ノトジンセノシド-B、
    9.ノトジンセノシド-C、   10.ノトジンセノシド-D、
    11.ノトジンセノシド-E、   12.ノトジンセノシド-G、
    13.ノトジンセノシド-I、    14.ノトジンセノシド-K、
    15.ノトジンセノシド-L、   16.ノトジンセノシド-R4、
    17.ジペノシド-XV?U、    18.キンクエノシド-R1、
田七人参のプロトパキサトリオール系のダマラン型サポニン
  主サポニン
    19.ジンセノシド-Re、     20.ジンセノシド-Rg1、
    15.ノトジンセノシド-R1、
  微量サポニン
    22.ジンセノシド-F1、     23.ジンセノシド-Rg2、
    24.ノトジンセノシド-Rh1、  25.20_グルコジンセノシド-Rf、
    26.ノトジンセノシド-R2、  27.ノトジンセノシド-R3、
    28.ノトジンセノシド-R6、  29.ノトジンセノシド-H、
    30.ノトジンセノシド-J、   31.ノトジンセノシド-M、
    32.ノトジンセノシド-N、

ジンセノシド=薬用人参から見つかったサポニン名
ノトジンセノシド=田七人参から見つかったサポニン名

4.薬用人参と田七人参の主なサポニンの含有量の比較

【ダマラン型サポニン】 薬用人参 田七人参
プロトパキサジオール系サポニン    
 ジンセノシド-Rb1 0.96% 3.4%
 ジンセノシド-Rb2 0.67% 0.03%
 ジンセノシド-Rc 0.54%
 ジンセノシド-Rd 0.31% 0.84%
合 計 2.48% 4.27%
プロトパキサトリオール系サポニン    
 ジンセノシド-Re 0.35% 0.21%
 ジンセノシド-Rf 0.11%
 ジンセノシド-Rg1 0.45% 1.6%
 ノトジンセノシド-R1 微量 0.16%
合 計 0.93% 1.97%
【オレアナン型サポニン】    
オレアノール散のサポニン 0.5%  

田七は頗る人参に類似するが、
人参:気を補う
田七:血を補う
(本草網目拾遺)

5.田七総サポニンの薬理作用(動物実験)

鄭光植、楊崇仁編著:三七、生物学及其応用 科学出版社1994

造血作用
 薬物、放射線による白血球数の減少の回復
 貪食細胞の貪食率の増加、血中リンパ細胞の増加
 培養骨髄細胞の成長促進、活性化

活血作用
 血小板凝集抑制作用-ジンセノシド-Rg1(G-Rg1)
 失血性貧血の回復作用
 溶血作用(赤血球膜の破壊)は無い、抗溶血作用

止血作用:デンシチン(三七素、アミノ酸系化合物)

6.血管系に対する作用

 冠状動脈、脳血管拡張作用(G-Rg1,-Re)、心筋収縮の抑制作用、
 急性心筋虚血状態における血流量の増加と心筋細胞の保護作用

抗老化作用
 糖代謝異常の正常化、ブドウ糖付加により起こる高血糖の抑制
 白内枠予防、組織の老化抑制
 活性酸素の消去、過酸化脂質の生成阻害による動脈硬化の抑制
 血清中のHDL量の増加

消化器系に対する作用 抗胃潰瘍作用

肝臓機能に対する作用 GOTの低下

田七フラボノイドの活性酸素消去作用

7.神経系統への作用

 鎮痛作用 強力、即効性、持続性(2時間):G-Rb1
 鎮静作用 自発性運動量の減少、睡眠時間の延長:G-Rb1
 学習力、記憶力の増強効果

抗炎症作用
 毛細血管の透過性増加を抑制する件用、炎症反応の抑制
 アレルギー性関節浮腫の抑制

免疫機能、生体防御機能に対する作用
 免疫機能の異常亢進、低下を正常化
 マクロファージの貪食能の増強、溶菌酵素の活性を増強

 生体防御機構活性化多糖体、サンチナン-A

8.田七サポニンの発がん抑制作用
 (京都薬科大学 木島ら、京都府立医科大学 徳田、西野)

 マウスの皮膚がん、肺がん、肝臓がん抑制ージンセノシド-Rg1

 抗腫瘍性ポリアセチレン系化合物:バナキシトリオールなど

急性毒性、亜急性毒性 問題なし(中国、日本)

田七の臨床応用(中国)
狭心症の痛みの緩和、高コレステロール症、高脂血症、
急性虚血性脳血管障害と、その後遺症の緩和、更年期障害
出血治療:消化管出血、眼出血、脳内出血、子宮出血、喀血、血尿、外傷
慢性肝炎、怪我の鎮痛と炎症治療、輸卵管閉塞、滋養強壮


『資料提供』
広島大学医学部名誉教授
中国科学院昆明植物研究所名誉教授
薬学博士:田中治先生