メタボリックシンドローム測定

 

ご予約のうえ、足首の出る服装でご来店下さい。

※腰まであるタイツや厚手のストッキングは測定上脱ぐ必要があるのでご注意下さい。


腹部肥満を詳しく評価

T-SCAN PLUSは、身長・体重・年齢・性別・電気インピーダンスを反映し、1kHz~600kHzの6種類の周波数で、再現性のある精度の高い体成分分析を行います。腹部肥満状態を分析し、内臓脂肪レベルや腹部肥満率を評価。メタボリック対策をはじめ、生活習慣病の予防に有用にご利用いただけます。

実測例

 

主な測定項目

体成分分析(体重・標準体重・BMI・体脂肪率・体脂肪量・筋肉量・無機質量・蛋白質量・体水分量・細胞内水分・細胞外水分)
腹部肥満評価(内臓脂肪レベル・腹部肥満率-WHRまたはVSR,内臓脂肪型・皮下脂肪区分)
部位別分析(腕・脚・胴体の筋肉量)
体型判定
栄養評価(蛋白質・無機質・細胞量)
基礎代謝量・一日のエネルギー所要量・身体年齢
体成分変化履歴
浮腫評価(全身)
調整目標(段階別体脂肪量調節値・筋肉量調節値・体重調節値
研究項目